合田道人

童謡謎解きマップ

合田道人が多くの童謡の謎を解きます

この道

作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰(大正15年発表)

北海道札幌の時計台 「この道」ってどこの道? と、これまたよく質問される歌です。まずこれはなんとなく日本歌曲とよばれるもののひとつっていう気がするのですが、最初は童謡集『赤い鳥』で発表された、れっきとした童謡なのです。

 この歌を書いた北原白秋は、九州福岡の出身です。きっと幼い日に通った福岡の道だと、想像していたのですが、なんと「この道」は正反対、北海道札幌、僕のふるさとの歌だったのです。札幌北一条通りが答えなのです。

 そういえば確かに歌詩に、♪白い時計台だよ……というくだりがあるのに気がつきました。時計台は札幌のシンボルです。

 ではなぜに九州出身の白秋が、北海道の歌を作ったのだろうか? 調べてみるとなんと白秋はこの歌を発表する前の年に北海道を旅し、数日間滞在した事実が発覚しました。きっと何ものにも汚されていない北海道の風景、自然の美しさがふるさとや母の顔とだぶったに違いありません。♪おかあさまと馬車で行ったよ……。

 そういえば、ふるさとは遠きにありて思うもの……というではありませんか。

この謎解きが詳しく載っている本とCD

「童謡の秘密 知ってるようで知らなかった」(税込1,400円)
「童謡の秘密」(合田道人歌唱)(税込2,100円)