倍賞千恵子
倍賞千恵子

生年月日1941年6月29日
出身地東京都

昭和35年松竹音楽舞踊学校を首席で卒業。同年、松竹歌劇団(SKD)へ入団。
翌年、松竹にスカウトされ松竹映画「斑女」でデビュー。
昭和37年には「下町の太陽」で歌手デビューし、同曲でレコード大賞新人賞を受賞。歌手として「さよならはダンスの後に」、「おはなはん」、「さくら貝の歌」、「忘れな草をあなたに」などを大ヒットさせる。
昭和44年映画部門では4人目の芸術選奨文部大臣賞を受賞。日本アカデミー賞 毎日映画コンクール キネマ旬報賞 等各賞受賞。 
2005年紫綬褒章。 
2013年旭日小綬章。
映画「男はつらいよ」のさくら役に代表される庶民派女優として、また歌手としても親しまれ活躍中。
平成26年のNHK「みんなのうた」の「お月様と影ぼうし」が人気。

閉じる