コロムビアローズ
コロムビアローズ

生年月日1933年1月9日
出身地群馬県

昭和26年、コロムビア歌謡コンクールで優勝、翌年27年『娘十九はまだ純情よ』でデビュー。覆面歌手として人気をあげた。その名の通り、コロムビアレコードの大スターとして、先発の美空ひばり、後続の島倉千代子と共に世の人気を三分した。
『どうせひろった恋だもの』、『東京のバスガール』など後世に残る大ヒット曲を生み、ステージ、映画、テレビ、ラジオと幅広く活躍。昭和36年に歌手を引退。
その名を二代目に譲ったが、近年は、その人気の高さからNHK「思い出のメロディ―」「歌謡コンサート」、テレビ東京「木曜8時のコンサート」などに多数出演。

閉じる